入会のご案内

入会資格

日本大学大学院グローバル・ビジネス研究科卒業生、及び日本大学に関係したことのある方が入会できます。

目的

日本大学出身者の相互の親睦・発展・ビジネスチャンスを図ることを目的としています。

NBS(日本大学大学院グローバル・ビジネス研究科)桜門会(同窓会)会則

第1条(名称)
本会は、日本大学大学院グローバル・ビジネス研究科桜門会と称する。(通称NBS桜門会)
第2条(目的) 
本会は会員相互の親睦・発展を図ることを目的とする。
第3条(事務局)
本会の事務局は原則、会長宅、または幹事長宅とする。
第4条(事業) 
本会は第2条の目的達成のために下記を実施する。
1.会員相互の親睦交流に必要な事項
2.その他本会の目的達成のため必要となる事項
第5条(会員) 
日本大学大学院グローバル・ビジネス研究科の修了者を会員とする。
第6条(正会員) 
会員のうち所定の入会金を納め、入会手続きを経た者を正会員とする。
日本大学の在校生または卒業生で、幹事会において適当と認め、会長の推薦する者は所定の入会金を納め、入会手続きを経た者は正会員になることができる。
第7条(参与会員) 
日本大学大学院グローバル・ビジネス研究科の教職員およびそれらの経験者を以って、参与会員とする。
また、幹事会において適当と認め、会長の推薦する者は参与会員になることができる。
第8条(役員) 本会に下記の役員を置く。また、役員は正会員でなければならない。
会 長   1名
幹事長   1名
幹 事   若干名
会 計   若干名
監査役   若干名
第9条(会長) 
会長は、幹事会で推薦し、総会において選任する。会長は会務を統括し本会を代表する。
第10条(幹事長、幹事) 
幹事長、および幹事は、幹事会で選任し、総会において報告する。幹事長は会長を補佐し必要な場合これを代行する。
第11条(会計) 
会計は、幹事会で選任し、総会において報告する。会計は本会の会計事項を担当する。

第12条(監査役) 
監査役は、幹事会において選任する。監査役は会計および会務の執行状況を監査し結果を総会で報告する。
第13条(役員の兼任)
原則兼任はできない。但し、会長、幹事長の兼任は妨げない。
第14条(役員の任期) 
役員の任期は、原則として2年とする。但し、重任を妨げない。
第15条(顧問等) 
本会に顧問を若干名置くことができる。顧問は、幹事会が推薦し会長の委嘱した者とする。
第16条(会議) 
本会の会議は、総会、幹事会とする。
第17条(召集) 
総会、幹事会は、会長がこれを召集する。
第18条(総会) 
総会は、全正会員を以って組織され、会長が議長となる。総会は正会員の委任状を含む出席者の過半数の賛成を要する。なお、可否同数の時は、議長の決するところによる。
第19条(総会の開催) 
本会は原則として年1回以上の総会を開催する。
第20条(幹事会) 
幹事会は規則制改定など本会の重要事項及、協議決定、運営・執行の中枢機関とする。
第21条(経費) 
本会の経費は、正会員の入会費(含:会費の特別微収)、寄付金、およびその他の収入を以ってこれにあてる。
第22条(経費の範囲) 
前条の経費には、日本大学校友会の桜門会規程に基づく正会員(団体)に関する会費、第16条で定めた会議の運営費の他に、本会の目的達成のため必要となる事項を行う費用を含む。
第23条(会計年度) 
本会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日に至る1年間とする。
第24条(会計と会計報告) 
会計は会計幹事を中心にこれを管理する。会計は毎年会計年度後に開かれる最初の総会において会計報告をなし、その承認を得なければならない。
第25条(会員名簿)
本会会員の名簿は、NBS桜門会会員情報保護方針(別添)に基づいて厳正に管理する。
第26条(改正) 
本会会則の改正は、総会において出席者の過半数の賛成を要する。
付則(施行) この会則は平成30年8月31日開催の総会で承認制定する。

NBS桜門会の活動

  • 各種講演会等、セミナーの開催
  • 異業種間の会員との親睦会(1回/月開催)
  • 語学セミナー会の開催(予定)

フォローする